DONUT



DONUT編集部「Monthly Playlist」

DONUT編集部「Monthly Playlist」
自分が知らない音楽に出会うというのはとても楽しいことです。昔はラジオの音楽番組がその役割を担っていましたが、サブスクリプションの時代となった今はプレイリストがそれにとってかわっているように思います。DONUT編集部では毎月プレイリストをアップすることで少しでもおおくの音楽への入り口をつくっていこうと思っています。

>> DONUT編集部「Monthly Playlist」のアーカイブへ

今月のプレイリスト「(後日アップします)」by Mino Akimoto

2021.11.30 upload

秋元編集長のプレイリストは後日公開します。

今月のプレイリスト「Coming Back」by Jun Moriuchi

2021.11.30 upload

Coming Back (November 2021)
01.Sexy Villan / レミ・ウルフ
02.Coming Back(feat.SZA) /ジェイムス・ブレイク
03.Carry You / ルールズ
04.Biutyful / コールドプレイ
05.A-O-K / タイ・ヴェルデス
06.Promises / クレオ・ソル
07.Valentine / スネイル・メイル
08.Her Mystery Not Of High Heels And Eye Shadow / ドッグバイト
09.平和の大使(Live) / betcover!!
10.American Pie / ドン・マクリーン


01.カリフォルニア州出身のシンガーソングライター兼音楽プロデューサー、レミ・ウルフの最新作『JUNO』収録曲。02.ヒップホップやR&B系の楽曲でのフィーチャリング・アーティストとしてシザの名前をよく見るが、ついにジェイムス・ブレイクと共演。03.この曲を書いたのはMaddy AbelaとRichard Samuel Smithということだけしかわからなかった。MUSIC1でオンエアされたのを聴いて選曲した。04.コールドプレイの最新作『ミュージック・オブ・ザ・スフィアーズ』収録曲。05.タイ・ヴェルデスの「.A-O-K 」はTikTokで1200万回再生された曲。ヒット・チューンは今やTikTokなしには考えられなくなった。同時にTikTok向けではない秀逸な音楽もたくさんあることを忘れてはならない。06.ロンドン出身のシンガー、ギタリストのクレオ・ソル。アコースティックでジャジーな曲。ネットには「オーガニック・ソウル」と書いてあった。なるほど言い得て妙だ。07.リンジー・ジョーダンによるソロプロジェクト「スネイル・メイル」の最新作の表題曲。08.ジョナサン・リッチマンの人気曲「Her Mystery Not Of High Heels And Eye Shadow」をSCOOBIE DOのコヤマシュウ&マツキタイジロウのユニット、SCOOBIE TWOがカバーしたのをきっかけに選曲。ただしオリジナルはサブスクにはアップされておらず(ニール・ヤングのレーベルからリリースしたからだと思う)ドッグバイトというドリームポップ・バンドのカヴァー・ヴァージョンをチョイス。09.DONUTイチオシの新人アーティスト、ヤナセジロウのユニットbetcover!!の代表曲のライブ・バージョン。10.今月のサウンドトラックはドン・マクリーンの1971年の作品「American Pie」。8分36秒もある曲なのに全米ナンバーワンを4週連続で獲得している。たまたま連続で見た今年公開の映画『ブラック・ウィドウ』と『フィンチ』の両方にテーマ曲として採用されていたので選曲。同じ年の公開作品でテーマ曲の被りって珍しい。(DONUT副編集長/森内淳)


■Apple Music


■Spotify

※ Her Mystery Not Of High Heels And Eye Shadow / ドッグバイトはSpotifyでは配信されていません。

© 2021 DONUT

LATEST ISSUE

LATEST ISSUE

PODCASTING

池袋交差点24時

STUDIO M.O.G.

STUDIO M.O.G.

amazon.co.jp

↑ PAGE TOP