DONUT

DONUT以外の単行本やムックの編集も行います

DONUTチームはこれまで『ロックンロールが降ってきた日』(スペースシャワー刊)を皮切りに面白い本を編集してきました。また『THE仲井戸麗市BOOK』のように「こういう素材があるのだけど、1冊の本にまとめてください」というご依頼にも応えてきました。ほかにもCDの特典ブックレットやフリーペーパー、WEBコンテンツ、イベントの制作などにもお応えしています。これからもいい本を、いいコンテンツをひとつでも多く世の中に送り出したいと思っています。お問い合わせはメールアドレス(info@donut.main.jp)まで。なおDONUTのバックナンバーの詳細は弊社ECサイトをご参照ください(https://mogstore.thebase.in/)。SOLD OUTの表示がない本は購入可能です。

EDITORS' WORKS

■ DONUT 16

DONUT 16(表紙:古市コータロー)
仕様:A4判/64p/1C/1,210円(本体1,100円+税10%)
発売日:2024年6月28日(金)
発行日:2024年6月30日(日)
ISBN 978-4-905273-22-6
表紙写真:石井麻木
編集:DONUT(秋元美乃/森内淳)
ブックデザイン:山﨑将弘
発行:有限会社スタジオ・エム・オー・ジー

● 古市コータロー「赤のブルース」を特集!「ロックンロールが降ってきた日」にThe Birthdayのフジイケンジが登場!オールモノクロのDONUT mono 第2弾! 目次:特集=古市コータロー「赤のブルース」/KOTARO FURUICHI SOLO BAND TOUR 2024「赤のブルース」2024.5.30 EX THEATER ROPPONGI LIVE PHOTO STORY by 石井麻木/2024年5月30日EX THEATERライブレビュー/対談:古市コータロー✕浅田信一/「ロックンロールが降ってきた日」 The Birthday フジイケンジ(写真:岩佐篤樹)/石井麻木フォトギャラリー/「Who's Next」ニイマリコ(ルー・ガルー)/編集部のコラムほか

購入するお客様へ:中綴じの場合、製本の過程で長辺の上下がどうしても小さくめくれてしまいます。あらかじめご了承ください。

>>特設サイト:https://donutroll.tokyo/wd/20240628_donut16/


■ EVENT

BEAT EAST×DONUT 「BEAT DONUT」
日程:2024年4月25日(木)開場:18:30 開演:19:00
会場:新代田FEVER
主催:BEAT EAST
出演:暴動クラブ/THEティバ
料金:前売り¥2,800(ドリンク代別)/当日¥3,300(ドリンク代別)

特設サイト:https://donutroll.tokyo/beatdonut/
ROSIE x マヤ対談:https://donutroll.tokyo/wd/20240425_beatdonut/


■ TOUR BOOK

黒猫同盟(上田ケンジと小泉今日子)の冊子「黒猫revue」を編集しました。ツアー「黒猫同盟 TOUR 2024 めざせ!モンマルトル」で購入することができます。企画:黒猫同盟(上田ケンジと小泉今日子)/取材・構成・編集:DONUT(秋元美乃/森内淳)/ブックデザイン:藤田二郎/イラスト:奥村門土/撮影:岩佐篤樹
ツアー情報は公式サイトまで:https://www.jvcmusic.co.jp/-/Live/A027002.html


■ WEB CONTENTS

特集:Dolby Atmos® ✕『Band On The Run』 企画:ユニバーサル ミュージック 対談:富澤タク(グループ魂/Number the.)✕ George(MOP of HEAD)取材・構成:DONUT(秋元美乃/森内淳)撮影:岩佐篤樹 協力:ドルビージャパン 特別寄稿:ポール・マッカートニー インタビュー

>>https://donutroll.tokyo/bandontherun/


■ BOOK


こちらをクリックすると特設ページにジャンプします


■ BOOK



The Street Sliders Rock'n'Roll Chronicle(2023年10月7日発売)
仕様:LPサイズ(322×322×22mm)・4c・146p
定価:本体13,000円+税10%(税込価格:14,300円)
ISBN:978-4-86506-433-9
版元:PARCO出版
監修:伊藤恵美(7th Mother)、馬場学(DGエージェント)
編集:DONUT(秋元美乃/森内淳)
デザイン:山﨑将弘
特設サイト:https://donutroll.tokyo/tss/
購入方法:PARCO出版の特設サイトまで
https://publishing.parco.jp/books/detail/?id=450


■ DONUT



DONUT 14 表紙:甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ) 2023年2月22日リリース
A4 80p 1320円(本体1200円+消費税10%)
ザ・クロマニヨンズの新作『MOUNTAIN BANANA』インタビューに加え、甲本ヒロトが自宅のレコード棚からアナログ盤を持ってくるインタビュー第2弾を掲載/ザ・クロマニヨンズ写真展で全国を巡回し写真集をリリースした柴田恵理が撮影/第2特集は高橋浩司(HARISS/ex.PEALOUT)の貴重なザ・クラッシュ・コレクションを公開/ウィルコ・ジョンソンの「ロックンロールが降ってきた日」を再掲/WHO’S NEXTにはタカイリョウ(the twenties)が登場/連載コラム:歌王子あび(VERANPARADE)、カタヤマヒロキ(KTYM)、中野ミホ、ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)、タカイリョウ(the twenties)/I LIKE THIS MUSIC:SULLIVAN's FUN CLUB、エルモア・スコッティーズ、NITRODAY、THEティバ、Johnnivan、 Glimpse Group/編集部の2022年下半期プレイリスト/編集部コラム:『デヴィッド・ボウイ ムーンエイジ・デイドリーム』、『ワンピース』考察/綴込付録:甲本ヒロト描き下ろし「みんなとドラゴン」ポストカード


■ WEB CONTENTS



ザ・ビートルズ『リボルバー』スペシャル・エディションの発売を記念してインタビュー企画を展開。
Geoge(MOP of HEAD)/ROY(THE BAWDIES)/加藤ひさし(THE COLLECTORS)
インタビューURL(3人共通);https://sp.universal-music.co.jp/beatles/interview.php


■ DONUT

DONUT 13
2022年10月14日(金)リリース
仕様:B5変形ヨコ 頁数:112p
定価:1,430円(本体1,300円+消費税10%)
ISBN:978-4-905273-18-9
内容:浅井健一のプロジェクトを撮り続けてきた岩佐篤樹によるフォトセッションを30p超にわたって掲載!各メンバーが撮ったツアーの風景や浅井健一のお気に入りのレコードについてのロングインタビュー、さらには各メンバーの特別コラムなど、SHERBETSのすべてを網羅した永久保存版!
目次:特集=It's a Sherbets world/SHERBETS PHOTO DOCUMENTALY(写真:岩佐篤樹)/10 DISCS=浅井健一「Benzie’s Favorite Records」/My Favorite 3(福士久美子・仲田憲市・外村公敏)/特別寄稿ほか/WHO'S NEXT=中野ミホ インタビュー/I LIKE THIS MUSIC(THEティバ/SULLIVAN's FUN CLUB/ステレオガール/Johnnivan/エルモア・スコッティーズ/NITRODAY)/DONUT x WEB DONUT=タカイリョウ(the twenties)・ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)・歌王子あび(VERANPARADE)・カタヤマヒロキ(KTYM)・中野ミホ/PLAYLIST:2022年上半期編/Like It!=エルヴィス・プレスリー、ボビー・ギレスピー


■ DONUT


DONUT 12
2022年5月30日(月)リリース
仕様:B5・4c+1c・128p
定価:1320円(本体1,200円+税10%)
ISBN 978-4-905273-17-2
内容:日本武道館公演の写真を32pにわたって掲載。加藤ひさしが必聴モッズアルバム10枚を語り、古市コータローがソロキャリアを振り返る。山森"JEFF"正之がお気に入りのGSアルバムを紹介すれば、古沢"cozi"岳之が「ドラム沼」を語る。コレクターズのデビュー35周年を祝した決定版の1冊!
目次:加藤ひさしが選ぶ10枚の「This is Mods」/ザ・コレクターズ日本武道館公演フォトドキュメンタリー/日本武道館公演ライブレビュー/毛利安寿(ステレオガール)インタビュー/I LIKE THIS MUSIC(THEティバ、SULLIVAN’s FUN CLUB、ステレオガール、Johnnivan、エルモア・スコッティーズ)/山森 JEFF 正之の「I LIKE THIS MUSIC」/中野ミホの映画コラム「まほうの映画館」/カタヤマヒロキ(KTYM)のフードコラム「食べロック」/歌王子あび(VERANPARADE)のコラム「ソファベッド宇宙旅行」/タカイリョウ(the twenties)のコラム「頭を木刀でやられたのかもしれない」/ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)のプレイリスト&コラム「10を持て」/Photo Story:岩佐篤樹/古沢'cozi'岳之が語る「ヴィンテージドラム」/編集部のコラム「僕を作った66枚のレコード」、「Beauty of Decayed Trans Am」/古市コータロー、自身の“アルバム”を語る


■ LINER NOTES


2022年6月1日にリリースされた、RCサクセション『FIRST BUDOHKAN DEC. 24.1981 Yeahhhhhh..........』のライナーノーツ執筆と復刻用に当時の武道館公演パンフレットを提供。


■ DONUT


DONUT 11 2022年1月26日リリース
仕様:7インチ・アナログ盤サイズ(18cmX18cm)・4c+2c+1c・128p
定価:1210円(本体1,100円+税10%)
内容:甲本ヒロトが自宅のレコード棚から邦題が面白い7インチシングルを10枚選んできて解説!『SIX KICKS ROCK AND ROLL』のインタビューに加え、クロマニヨンズのアートワークを手掛ける菅谷信一のアトリエに潜入!7インチシングルサイズでお送りするロックンロールな1冊!
目次:甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)が選ぶ邦題が面白いドーナツ盤10選/ザ・クロマニヨンズ『SIX KICKS ROCK&ROLL』インタビュー/『SIX KICKS ROCK&ROLL』デザイナー・菅谷晋一インタビュー/フェスをクリエイトするワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)インタビュー/自主レーベルをクリエイトする百々和宏インタビュー/アートデザインをクリエイトする浅井健一インタビュー/ヤマモトユウキ インタビュー/I LIKE THIS MUSIC(THEティバ、SULLIVAN’s FUN CLUB、錯乱前戦、ステレオガール、Johnnivan、エルモア・スコッティーズ)/中野ミホ「まほうの映画」/カタヤマヒロキ(KTYM)「食べロック」/歌王子あび(VERANPARADE)「ソファベッド宇宙旅行」/タカイリョウ(the twenties)「頭を木刀でやられたのかもしれない」/ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)「10を持て」/Photo Story:森山遊子/編集部のコラム「ザ・ビートルズ、プライマル・スクリーム」ほか


■ BOOK


2022年2月20日にリリースされた、真島昌利 著『ロックンロール・レコーダー』(ソウ・スウィート・パブリッシング・刊)の取材・編集協力で参加。


■ BOOK


仲井戸麗市デビュー50周年を記念して制作されたDVD+CD+詞集のボックスセットのなかの『仲井戸麗市全詞集 2010-2021』を編集。


■ DONUT


2021年8月8日 DONUT10  SOLD OUT
B4・オールカラー・32p・ポストカード(3種類)+ステッカー付(※「ポストカード3種類+ステッカー」は、後日、ECサイトにて税込み600円で別売りします)/1100円(本体1000円+税10%) チバユウスケ&クハラカズユキ『サンバースト』 インタビュー/チバユウスケ 録りおろしインタビュー:チバユウスケが紹介するドーナツ盤10枚/石井麻木『3.11からの手紙/音の声』の10年/「I LIKE THIS VINYL SUMMER 2021」:明智マヤ(THE ティバ)・ヤマモトユウキ(錯乱前戦)・chamicot(ステレオガール)・ヨシダレオ(SULLIVAN’s FUN CLUB)・Johnathan Sullivan(Johnnivan)/「HOW TO MAKE RECORD JACKETS」THE COLLECTORS 加藤ひさしインタビュー/ShojonoTomoのマスク/EDITOR’S PLAYLIST(JANーJUN 2021)


■ WEB CONTENTS


2020年12月4日〜18日 ポール・マッカートニー『マッカートニーⅢ』へ向けた特集記事を編集
ユニバーサルミュージック ジャパンのポール・マッカートニーのサイトで公開
和田唱(トライセラトップス)✕松村雄策(文筆家)特別対談/マッカートニー・シリーズのトリビア/特別寄稿 西寺郷太が解き明かすマッカートニー・シリーズ
●2022年3月12日、松村雄策さんがご逝去されました。謹んでご冥福をお祈りします。 DONUT編集部一同


■ BOOK


2019年10月1日 平田ぱんだ著『ロックンロールの話』を編集


■ FREE PAPER


DONUT FREE 17(表紙:浅井健一/ザ・クロマニヨンズ)を発行
発行日:2019年9月25日
内容:浅井健一インタビュー/ザ・クロマニヨンズ(甲本ヒロト+真島昌利)インタビューほか


■ FREE PAPER


DONUT FREE 18 Rock is LIVE 6 (2019年9月25日号)を発行
発行日:2019年9月25日
内容:THE BOHEMIANS(平田ぱんだ+ビートりょう)インタビューほか


■ TOUR BOOK


2019年5月4日 日比谷野音「忌野清志郎ロックン・ロール・ショー」のコンサート・プログラムを編集


■ BOOK

ロックンロールが降ってきた日

浅井健一(SHERBETS)/大木伸夫(ACIDMAN)/加藤ひさし(THE COLLECTORS)/甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)/セイジ(ギターウルフ)/チバユウスケ(The Birthday)/仲井戸麗市/成田大致(夏の魔物)/平田ぱんだ(THE BOHEMIANS)/古市コータロー(THE COLLECTORS)/真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)/増子直純(怒髪天)/ムッシュかまやつ/山中さわお(the pillows)/ROY(THE BAWDIES)【五十音順】秋元美乃、森内淳・編/浅井健一・装画/三浦巌・デザイン/スペースシャワーブックス・刊/2012.04.20発売/¥2,381+税/ISBN:978-4-906700-25-7/四六336ページ上製


■ BOOK

ロックンロールが降ってきた日2

りょーめー(爆弾ジョニー)/ビートりょう(THE BOHEMIANS)/志磨遼平(ドレスコーズ)/須藤寿(髭)/ホリエアツシ(ストレイテナー/百々和宏(MO'SOME TONEBENDER, geek sleep sheep)/マーヤ(KING BROTHERS, N'夙川BOYS)/TOSHI-LOW(BRAHMAN, OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND)/LOW IQ 01/横山健(Hi-STANDARD, Ken Band, BBQ CHICKENS)/吉井和哉/大木温之(Theピーズ)/石橋凌/早川義夫【収録順】秋元美乃、森内淳・編/浅井健一・装画/三浦巌・デザイン/スペースシャワーブックス・刊/2014.03.14発売/¥2,381+税/ISBN:978-4-907435-22-6/四六352ページ上製


■ BOOK

ロックンロールが降ってきた日3

但野正和(最終少女ひかさ)/ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)/のび太(WHITE ASH)/尾崎世界観(クリープハイプ)/小山田壮平/後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/山田将司(THE BACK HORN)/峯田和伸(銀杏BOYZ)/田中和将(GRAPEVINE)/中村一義/鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)/曽我部恵一(サニーデイ・サービス)/草野マサムネ(スピッツ)/奥田民生(ユニコーン)/加山雄三(THE King ALL STARS)【収録順】秋元美乃、森内淳・編/浅井健一・装画/三浦巌、山﨑将弘・デザイン/スペースシャワーブックス・刊/2015.04.18発売/¥2,300+税/ISBN:978-4-907435-55-4/四六352ページ上製


■ MOOK

Amplifier BOOK Vol.1〜1987年の忌野清志郎

Chapter 1「忌野清志郎&The Razor Sharps」の25枚 1987年3月25・26日 東京・中野サンプラザ/Chapter 2『RAZOR SHARP』を語れ!熊谷陽・近藤雅信・今井智子・高橋Rock me baby トーク・セッション/『RAZOR SHARP』クロスレビュー/『HAPPY HEADS』クロスレビュー/増子直純(怒髪天)が語る忌野清志郎とは?/ミュージシャンが選ぶ忌野清志郎の5曲〜奥田民生・クハラカズユキ・鈴木圭介・ワタナベイビー・平田ぱんだ・但野正和/Chapter 3忌野清志郎&The Razor Sharpsがやって来た!/コンサートプロモーター蔦岡晃が語るソロツアー/忌野清志郎&The Razor Sharpsコンサートプログラム再録/Chapter 4忌野清志郎のソロワークス/忌野清志郎のソロ、ユニットなどのディスコグラフィーを掲載/Amplifier×忌野清志郎 鼎談 赤司竜彦・ヒラカワレンタロウ・有賀幹夫ほか ●編集=DONUT(秋元美乃/森内淳)アートディレクション=山﨑将弘 編集協力=芳山香 発行所=三栄書房 2016.11.30発売/¥1,500(税込)/A4 112ページ/全国の書店・CDショップ・ネット書店でお求めください>>amazonで購入


■ MOOK

SHAKE VOL.2

ザ・プレデターズが語るロックとファッションのただならぬ関係/ファッション・カルチャー・マガジン『EYESCREAM』稲田浩編集長インタビュー/照井利幸、新しいブランド「THERE」を始動/奈良美智が選ぶ3枚のアルバム/ROYが語るアルバム・ジャケットが物語るガレージ・ロックの破壊力/百々和宏(モーサム・トーンベンダー)×古市コータロー(ザ・コレクターズ)ギター対談/マーヤ(キングブラザーズ/N'夙川BOYS)×須藤寿(髭)が語るカート・コバーンとニルヴァーナ/高橋浩司(exピールアウト)が語るゾンビの世界/増子直純(怒髪天)×大木温之(Theピーズ)が語る絶滅寸前の不良ロック/フジロックを振り返るコラム/ダンボール・バット AMIインタビュー/ザ・ボーイズ&ガールズ インタビュー(秋元美乃、森内淳・編/山﨑将弘・デザイン/辰巳出版・刊/2015.09.15発売/¥1,200+税/A5 160ページ/全国の書店・CDショップ・ネット書店でお求めください)>>amazonで購入


■ MOOK

SHAKE VOL.1

甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)が語る蓄音器とアナログ・レコードの現在地/蓄音器専門店シェルマン 八重樫素久インタビュー/浅井健一(SHERBETS)×加藤ひさし(THE COLLECTORS)バイク対談/写真と、尾崎世界観(クリープハイプ)/和田 唱(TRICERATOPS)が選ぶ、マイケル・ジャクソンの本/有賀幹夫が選ぶ、ストーンズの映像作品/ホリエアツシ(ストレイテナー)×秋元信宏(CA4LA)対談/所ジョージ「音楽シーンが忘れた遊び心とインディーズ精神」/チバユウスケ(The Birthday)×カタヤナギ(RUDE GALLERY)対談/SA(TAISEI×NAOKIインタビュー)/イノクチタカヒロ(hotspring)×但野正和(最終少女ひかさ)対談/フジロック・フェスティバル(秋元美乃、森内淳・編/山﨑将弘・デザイン/辰巳出版・刊/2015.05.15発売/¥1,200+税/A5 160ページ/全国の書店・CDショップ・ネット書店でお求めください)>>amazonで購入


>>DONUT Back Number


LATEST ISSUE

LATEST ISSUE

PODCASTING

池袋交差点24時

STUDIO M.O.G.

STUDIO M.O.G.

宙の猫島(そらのねこじま)

宙の猫島

↑ PAGE TOP